アーサー王動画 第6回「新たな主人公」

アーサー王伝説 第6回 「新たな主人公」(#26) 伝説の主人公の変化、円卓の騎士ガウェインの変遷、中世ヨーロッパ文学の傑作『サー・ガウェインと緑の騎士』、中世独特の構造インターレース、頭韻詩と押韻詩

アーサー王伝説がヨーロッパに広まったのは、十字軍遠征や旅するブレトン人の商人たちによっていたかもしれない。 13世紀には複雑なインターレースの構造を持つフランス語散文の流布本大系や『散文トリスタン』が書かれたが、アーサーは耄碌した老王でしかなく、物語の主人公はランスロットやトリスタンらの円卓の騎士たちだった。

ランスロット・グィネヴィア妃・アーサー王の三角関係は物語の中心に設られた。 フランスのロマンスでは貶められていたガウェインは、14世紀末に英語頭韻詩『サー・ガウェインと緑の騎士』で、美徳を体現する人物として評価された。首切りゲーム、誘惑、狩猟などの組み合わせによって、現代読者にも分かりやすいが、一方で象徴的に解釈される場面も多い。

Arthurian legends rapidly spread all over Europe, thanks to the Crusade expeditions and to the mendicant Breton merchants.

In the 13th century the Vulgate Cycle and the Prose Tristan were prominent in French prose, in which the interlaced structure was used. Arthur was depicted as an aged and incompetent king, making Arthurian knights such as Lancelot and Tristan the hero of the romance.

The illicit love of Lancelot and Guinevere and their eternal triangle with Arthur were central to the story. However, Gawain, defaced in French romances, became the paragon of virtue in Middle English Sir Gawain and the Green Knight. The combination of the beheading game, temptations, and hunting, made it easy for the modern to follow.

中世散文ロマンスの特徴 インターレースとは

NHKラジオで昔放送されていた「紅孔雀」などの『新諸国物語』は、インターレースと同じ構造で作られていた。

NHKアーカイブ NHKラジオ『新諸国物語』の「笛吹き童子」へのURLはこちら

新諸国物語「笛吹童子」
15分の連続放送劇『新諸国物語』は、正義と人間愛を軸に、ロマンティシズムに満ちた英雄物語として話題と・・・

押韻詩と頭韻詩

動画内挿入画像・参考文献

Elizabeth Hallam, general ed., Chronicles of Crusades, Bramley Books, 1977
エリザベス・ハラム編『十字軍の年代記』、ブラムリー書籍、1977
C. E. Pickford, ed., Lancelot du Lac 1488, London; Scolar Press, 1973
C. E. Pickford編『湖のランスロ 1488』ロンドン:スコラー・プレス、1973
F. P. マグーン、Jr著、忍足欣四郎訳『フットボールの社会史』岩波新書、1985、2019(第3刷)
Francis Peabody Magoun, Jr., History of Football from the Beginnings to 1871, 1938; translated by Kinshiro Oshitari, 1985, 2019

関連動画

(訂正版)アーサー王伝説 第1回「英雄」(#21) 御伽噺における英雄の条件とは?日本の実在した英雄 渡辺綱の物語と、最古の英語叙事詩『ベーオウルフ』の比較
アーサー王伝説 第2回「教育」(#22) アーサー王と円卓の騎士ランスロット、トリスタン、ペルスヴァルはどのように生まれ育てられたか?謎の美少年 The Fair Unknownの物語群について
アーサー王伝説 第3回「起源と発展」(#23)アーサー王伝説はどのように生まれたのか?アーサーは本当に実在したのか?ベイドン山の戦いでの勝利とメシア思想、メドラウト(モードレッド)の登場
アーサー王伝説 第4回「定着」(#24) 後世で陸続と再話されるアーサー王の物語の基礎はどのように築かれたか?ジェフリーの執筆目的は?ヘンリー2世とエレアノール王妃を描いたオスカー映画『冬のライオン』
アーサー王伝説 第5回 「政治利用」(#25) 時の為政者はどのようにアーサー王伝説を利用したか?ヘンリー2世へのラテン語書簡偽造、グラストンベリーのアーサー王の墓発見事件、ウィンチェスターの円卓
書物史についてのイントロダクション(#5)

コメント

タイトルとURLをコピーしました