アーサー王伝説 第2回「教育」

アーサー王伝説 第2回「教育」(#22) アーサー王と円卓の騎士ランスロット、トリスタン、ペルスヴァルはどのように生まれ育てられたか?謎の美少年 The Fair Unknownの物語群について

アーサー王ロマンスの中には、若き騎士のための教科書となるように書かれていることがある。その主題は「英雄の教育あるいは養育」と呼ぶべきもので、そこでは親の七光りではなく自らの力で武勇と分別を獲得すべしという教えだった。世襲で続く封建社会の秩序を維持するための手段としても機能した。

Some Arthurian romances may have been written for the education of young knights in the feudal society in the Middle Ages: ‘Do your best in achieving valour and sensibility by yourself rather than depending on the parental legacy’.

挿絵出典 サー・トマス・マロリー著『アーサー王の死』挿絵オーブリー・ビアズリー、ロンドン:J.M.デント、1893

アーサー王伝説 第1回「英雄」

(訂正版)アーサー王伝説 第1回「英雄」(#21) 御伽噺における英雄の条件とは?日本の実在した英雄 渡辺綱の物語と、最古の英語叙事詩『ベーオウルフ』の比較

コメント

タイトルとURLをコピーしました