アーサー王伝説 第3回「起源と発展」

アーサー王伝説 第3回「起源と発展」(#23)アーサー王伝説はどのように生まれたのか?アーサーは本当に実在したのか?ベイドン山の戦いでの勝利とメシア思想、メドラウト(モードレッド)の登場

アーサー王伝説 第3回「起源と発展」(#23)アーサー王伝説はどのように生まれたのか?アーサーは本当に実在したのか?ベイドン山の戦いでの勝利とメシア思想、メドラウト(モードレッド)の登場

アーサー王伝説はローマ帝国の凋落を背景に生まれた。彼らがブリテン支配から後退した後、北方から侵入した西ゲルマン民族のサクソン人に対して抵抗するブリトン人の武将としてアーサーが英雄視された。ギルダスやネン二ウスの史書に現れるベイドン山の勝利者アーサーは、既にキリスト教化されていた。

Arthurian legends were originated during the decline of the Roman Empire. After they had to abandon Britain, there were battles between the invading Saxons and the defending Britons. Gildas, in On the Ruin and Conquest of Britain (c.550AD) alludes to him, and his battle at the Mount Badon, and Nennius refers to him as ‘war leader’ ‘in Historia Britonum (c.830) . Giraldus Cambrensis mentions Arthur and Mordred who fell in the battle. Arthur emerges as a Christian hero.

エドワード・バーン=ジョーンズ『アヴァロンのアーサー』(1881ー98)油彩 瀕死の重傷を負ってアヴァロンの島(リンゴの島)に運ばれて、看護されるアーサー王 出典 マーティン・ハリソン+ビル・ウォーターズ共著『バーン=ジョーンズ』(1974)

挿入動画 ティンタジェル城 Tintagel Castle ruins on Cornish coast, aerial view(Adobe stockライセンス)

◆アーサー王伝説 第1回「英雄」はこちら

(訂正版)アーサー王伝説 第1回「英雄」(#21) 御伽噺における英雄の条件とは?日本の実在した英雄 渡辺綱の物語と、最古の英語叙事詩『ベーオウルフ』の比較

◆アーサー王伝説 第2回「教育」はこちら

アーサー王伝説 第2回「教育」(#22) アーサー王と円卓の騎士ランスロット、トリスタン、ペルスヴァルはどのように生まれ育てられたか?謎の美少年 The Fair Unknownの物語群について

◆アーサー王伝説 再生リストはこちら

(訂正版)アーサー王伝説 第1回「英雄」(#21) 御伽噺における英雄の条件とは?日本の実在した英雄 渡辺綱の物語と、最古の英語叙事詩『ベーオウルフ』の比較

◆書物史講座 再生リストはこちら

書物史についてのイントロダクション(#5)

ご質問やリクエストお待ちしております。

動画内で使用している音楽、画像、動画の一部はAdobe stockライセンス品を含みます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました